電子定款のメリット

1)サラリーマンを辞めて法人設立

サラリーマンを辞めて法人設立する人が増えています。終身雇用や年功序列はなくなり、サラリーマンのメリットであった安定性がなくなってきているからです。激務で薄給で、ノルマまであるのに、成果を上げても、大して昇給しないことも普通のことです。もはや、サラリーマンでいるメリットがなくなっているのです。法人設立すれば、成果を上げたら上げただけ、儲けることが出来ます。儲からなかったら、全てが自分にかかってきますが、ノルマはありません。それに、法人設立すれば、自立心や独立心が養われ、成長にも繋がります。リスクが無いわけではありませんが、成長するためにも、挑戦すると良いのが、法人設立になります。
会社員時代は、税務申告も健康保険料や年金の納付も会社に任せていた人がほとんどでしょう。しかし、独立すれば、全てを自分でやらなければならなくなります。面倒なことですが、自立するには避けられないことです。何事も経験になりますから、前向きに取り組む必要があります

2)株式会社設立と税金

日本の税制は複雑ですからすべて理解するのは無理だと考えられますが、全体的にみれば個人よりも会社のほうが税金が低いという特徴があります。個人が豊かに暮らすためには会社が経営をして経済を活性化することが必要だと考えられるからです。
会社設立をしなくてもビジネスセンスがあれば個人事業主として営業をしていくことは可能です。個人事業として営業を続けていくことによって大きな資産を形成したという人もいます。しかし、課税される金額が大きくなるというのはデメリットでしょう。
株式会社設立をするメリットは、税金を抑えることができるということです。ただ、株式会社設立には大きな資金がかかりますから、このデメリットはあります。そのため、個人事業としてビジネスが軌道に乗ってきてから株式会社設立をしようと考える人が多いようです。利益があまり大きくなければ株式会社設立をするメリットはあまり大きくはありませんから、利益が安定化してからするべきでしょう。

Copyright(c) 2017 強い会社設立を!本業で成功するためにすべきこと All Rights Reserved.